音楽には欠かせないDAWとは。 〜 あるミュージシャンの告白

main_top_over_navi
  • トップ
  •  → 
  • 音楽には欠かせないDAWとは。

main_top

音楽には欠かせないDAWとは。


DAWと聞いても、通常ならあまり聞かれない名前ですから、今回はまず、DAWの紹介からしたいと思います。
名前として、Digital・Audio・Workstationの略語になります。
機能として、音声の信号をハードディスクに保存させ編集の作業に用いるためのパソコンを主体としたツールというもの。

少し前までは、MTRと呼ばれるものが主体として、MTR内部のハードディスクへと音を保存するという形でした。
しかし、時代と共にパソコンも性能がどんどん発展しレコーディングには、DAWが用いられることが支流になったといえます。

今までの、MTRでは、編集したい箇所を何度も繰り返し再生しながらの作業で、商品により画面表記はあるものの、音の確認をしながら、必要部分の切り取り等や貼り付けをしていました。
しかし、DAWならそうした手間がなく目で判断できるようになり、作業もはかどるようになったというわけです。

DAWは、操作性にも優れており、他の機器と連帯することで飛躍も効率もアップします。
また時間に考えて、自分の場合なら1部分の編集に3分程度で済むということで、トータル的に換算してみれば、24時間ほど変っているように感じます。
DAWは、音を録音させるだけでなく、編集ももちろん可能ですし、例えば音符のようなMIDIと呼ばれるデータの作成あるいは編集も可能です。

自分ながら、時間短縮にもなり効率よく作業できるDAWは使い勝手もよく音楽には重要で欠かせないものです。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 あるミュージシャンの告白 All Rights Reserved.