アナログの良さ。 〜 あるミュージシャンの告白

main_top_over_navi
  • トップ
  •  → 
  • アナログの良さ。

main_top

アナログの良さ。


音の基盤も急激なデジタル進歩となり、変貌しました。
それでも、アナログをみんな見捨てたのか?と、いえば決して見捨てられたわけではありません。
確かに進歩を遂げデジタルにはアナログにない表現があり、その場に居合わせなくともその臨場感を味わうことができる、体感覚えることができるのが、デジタルの強みです。
しかしながら、アナログにも、アナログの良さ、デジタルにはだせない音の暖かみがあります。
つまり音の表現、音の素晴らしさ、例えば太さ、強さといったものやなめらかさは、アナログにまさるものはない。
確かに鮮明ということを考えればデジタルはすごいとおもいますが、音の持つ意味の素晴らしさが届くのはアナログ。

アナログは、まるで生き物を扱っているように、表情を変え、例えばギター音だとすれば、プレー中のボディーにふれた際にでる重たいような音を表現できる、そんな変化が持てるのがアナログ。
そして、だからこそ扱いにくい存在ともいえるのが実情。

ただ、私はそんなアナログが好きですし、何より呼吸が感じられるような音が好きですね。
ですからフッと、思い出したとき蓄音機をかけたまに聞き入っています。
蓄音機の何がいいかって?
それはもちろん、あの針がレコード盤にふれた瞬間にでるノイズがたまらない。
そして、歴史を感じられる、安らぎを感じる瞬間なのです。

若い方には、アナログやレコード等、殆ど見たことがない方多いと思います。
それは、時代のせいで仕方ないことですが、もしこの文章を読んでアナログに関心を持たれたとしたら、一度アナログ音楽を楽しんでいただきたいと思います。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 あるミュージシャンの告白 All Rights Reserved.