スタジオミュージシャンとは。 〜 あるミュージシャンの告白

main_top_over_navi
  • トップ
  •  → 
  • スタジオミュージシャンとは。

main_top

スタジオミュージシャンとは。


ミュージシャン、一言で片付ければ簡単ですが、私たちミュージシャンとは、一言でいえない色々な多面性を持っています。
ミュージシャンにもメインを飾るステージ向けのミュージシャンもいれば、演奏を奏でるバックミュージシャン、レコーディング製作を主体として活動するスタジオミュージシャン等、一言では片付けられないミュージシャンがあるのです。

ここで、ミュージシャンとは、一体どういうものか、その中でもスタジオミュージシャンについて紹介したいと思います。
まずスタジオミュージシャンというものは、曲を作り上げるためには欠かせない存在であること、演奏能力はもちろん構成力、譜面どおり、リズムどおりで完成させる。
多くの場合、スタジオミュージシャンへ就職する場合、音楽専門の学校を専攻してこの道へ入ることが多く、演奏キャリアがある方は、講師なども行いスタジオミュージシャンとして活動している方も多いでしょう。

しかし、スタジオミュージシャンといえば、スポットライトの当たるメインのアーティストとは違い、縁の下の力持ち的な影の存在。
そして何より、CDメディアがあるのは彼等スタジオミュージシャンのおかげなのです。

最後に、私たちの仲間で現在スタジオミュージシャンをしている方の言葉として、スタジオミュージシャンに憧れている方へ。
1に家で練習、2に家で練習、3も家で練習ということです。
スタジオミュージシャンをしている仲間同様、作曲家でもある私たち製作者は引きこもり職業ともいえますね。(笑)


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 あるミュージシャンの告白 All Rights Reserved.