ミュージシャンは下積み時代が大事 〜 あるミュージシャンの告白

main_top_over_navi
  • トップ
  •  → 
  • ミュージシャンは下積み時代が大事

main_top

ミュージシャンは下積み時代が大事

ミュージシャンは下積み時代が最も大事なのではないでしょうか?
下積み時代に色々な経験をしていれば、それだけ曲を作る際のネタの引き出しになるでしょうし、色々な状況にも対応することが出来るようになります。
ミュージシャンの下積み時代というのは色々な苦労があると思います。

ミュージシャンとしての活動だけではご飯を食べることが出来ずにあるバイトや正社員として仕事をしながら生計を立てているという人も少なくないと思います。
現在大物ミュージシャンとして活躍している人の中にはこのような下積み時代の苦労があるから今の地位があるという人も大勢います。
下積み時代でプロのミュージシャンのライブの設営をして、プロのライブを体感したという人もいますし、音響のバイトをして、曲作りなどを学んだというミュージシャンも少なくありません。

下積み時代に苦労をしているミュージシャンであれば、スランプに陥っても今までの苦労に比べたらまだ良い!と思い、そのまま音楽活動をすることもできるようになるでしょう。
下積み中に挫折をしてしまう人も多いですが、諦めることなくミュージシャンとして活動をしていれば一発逆転チャンスを手に入れることが出来るようになるかもしれません。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 あるミュージシャンの告白 All Rights Reserved.