ブランドの偽物。 〜 あるミュージシャンの告白

main_top_over_navi
  • トップ
  •  → 
  • ブランドの偽物。

main_top

ブランドの偽物。


世の中では、気軽にオークションでショッピングができる時代となっていますが、インターネットが復旧されたこともあり、益々大勢の方がオークションを利用し買い物することができるようになっています。
楽器も同様で、楽器本体から絃もそうですし、他部品も色々と買えちゃいます。

しかしながら、この気軽にも落とし穴があり、やはり本物があるように偽物もあり、高級ブランド品から楽器の高級ブランドまであらゆる偽物が出回っています。
例えば、高級ブランドの宝石あるいはバックなども偽物は沢山ありますし、騙された方も沢山いるのではないでしょうか。
実は、私の友人も同様に、偽物をつかまされ、楽器購入した時に、ヘッドとネックだけが本物だったということもあります。

とくに、楽器には偽物と本物の区別がわかりづらいものは、尚更気をつけなければいけません。
楽器は、よしあしも、例えばギターであれば弾かなければ意外とわからない部分がありますから尚更、判断が難しいといえるようです。

ですから、私の場合は、オークションは利用せず、生楽器だけは店頭にて購入するようにしています。
まぁ、時折はオークションを利用し購入というものもありますが、皆さん、あまり価格的なもので判断しないで、信頼できるか否かを判断しながら購入したほうがいいですね。
もちろんオークションは、通常よりはるかに安いというものもありますが、偽物もその分でまわっていますので、くれぐれもご注意ください。

やはり、ショップで購入すると価格は少し高めの場合もありますが、不具合がある場合のアフターには安心感がありますよ。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 あるミュージシャンの告白 All Rights Reserved.