鳴禽類とは。 〜 あるミュージシャンの告白

main_top_over_navi

main_top

鳴禽類とは。


Songbird ソングバードと呼ばれる鳥‥。
鳴禽類といってスズメ、カナリアの種にあたるといわれる鳥。

この鳥の名前を聞いたことがない方も多いと思いますが、この鳥は人間と同じく歌を奏でる鳥なのです。
またこの鳥だけがもつ、歌を作る能力があり研究者をも、驚かせる鳥。
驚くのはこれだけでなく、生息場所によっては、方言をも発達させられるとか…。
一生にうちに何百ものメロディーを習得し、歌も即興でつむぐこともできる。

益々ひきつけられるすごい鳥ですが、この鳥の音声の覚え方は、よくパソコンでCDを焼く場合に使われるエラーチェックの手順にそっくりといわれていますが…。
ともかく、すごい鳥であることは間違いないですね。
しかし、発声学習能力を備え付けているのが一般にオスのほうで、親鳥、父鳥や他鳥たちの歌声を聞いて、脳内から音を引き出し聞いたとおりに再生する。
またこの鳥のすごいところが、脳に収まっている歌が聞いた音と違う時、歌声を調節するというのだからすごいと思いませんか!

こうして改めて考えてみると、歌事や声を出すということができるのは人間だけでなく、世界には色々いるということ。
今回紹介した鳴禽類のように頭は小さいが、歌うことは人間のようにできる素晴らしい鳥や声でコミュニケーションできるイルカもいるということは他にもまだまだ、人間同様に声や歌を歌う種別がいるのかもしれません。

頭脳は小さいが、その頭脳はまさに機械のような鳴禽類は実に驚きの鳥です。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 あるミュージシャンの告白 All Rights Reserved.