音楽療法士とは。 〜 あるミュージシャンの告白

main_top_over_navi
  • トップ
  •  → 
  • 音楽療法士とは。

main_top

音楽療法士とは。


歌手、ミュージシャンは、歌を聞かせる、楽器を演奏、作曲するだけの職業ではありません。
驚くことに、実は医療の一環、治療としても世の中では認められているのはご存知でしょうか?
俗に言う、音楽療法士って一体?

音楽は、まず治療の一環として既に取り入れられています。
音楽を聞く、演奏することで、心理的又は、生理的、社会的にと効果をもたらすといわれています。

治療内容として。
ひとつに歌唱すること、あるいは演奏を行なう能動的音楽療法と呼ぶ治療法。
この方法で疲れた体、心ともに向上するとして心身回復のための治療として行なわれています。
また次の方法として音楽を聴くことにより治療する、受動的音楽療法。

ただ残念なのが、今現在では音楽療法としての国家資格のような認定がないこと。
医療においても、補助的役割で補完医療や代替医療としての役割となります。

国家資格や認定が無いのは残念なことですが、音楽療法は立証済みの療法でありますから、社会的にも評価が高い治療法なのです。
多くの病にも効果が実証されています。

人の生活は、音楽なしでは成り立たない。
音楽というものは、どんなときも人と共にながれていく。
音楽療法士と呼べる方は、今現在存在しないとしても、近い未来にはきっとそんな名前を聞きなれるときがくると信じています。

医療には、様々な治療法がありますが、いつも自分達の身近にある音楽で、病が少しでも改善されるとすれば素敵だと思いませんか。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 あるミュージシャンの告白 All Rights Reserved.